1. トップページ
  2. ブログ
  3. 2012年1月

アポイ岳ジオパーク ブログ

2012年01月31日久しぶりの大雪です。5cmですけど...

先日、お隣のえりも町さんで行われた、郷土資料館講演会に参加してきました。

猿留山道講演会.jpg

えりも町には、様似山道と「兄弟道」ともいえる「猿留山道」があり、10年ほど前から地元ではその復元整備を行っていて、今回は山道の観光などへの活用を考えようと開催されました。講師は、エコ・ネットワークの小川浩一郎さん。様似・猿留両山道は、1799年に江戸幕府が北海道に初めてつくった道であり、いわば北海道最初の官営道路ともいえる歴史ある道です。

猿留山道講演会スライド.jpg

ワタクシも兄弟道のことを少しでも勉強しようと、おじゃまさせていただいたという訳…。いろいろと興味深いお話しが聞けてよかったです。

さて、今朝はしばらくぶりの積雪で、町内総出での雪かきとなりました。

役場前除雪作業.jpg

なにせ、雪がめっぽう少ない我が地域で、5cmも積ったとなれば「大雪」の部類なのです。

雪化粧の役場庁舎.jpg

明日から2月で、こんな積雪がもう1~2度あるでしょうが、ほどほどでお願いしたいものです。

せせらぎ橋からのアポイ.jpg

とはいえ、豪雪で苦労されている日本海側の地域のことを考えれば、そんな文句はバチあたりですよね。(タク)

 

2012年01月27日冬の朝陽を浴びる、観音山の3兄弟

今朝も冷え込みが厳しかったのですが、ゴミだしの帰りにふと観音山を眺めると、「ん……?」。

ソビラ岩と観音山のオジロ.jpg

観音山崖の木の上で、悠然と様似漁港を見下ろす鳥の姿が…。

観音山のオジロ.jpg

確認するために、近づいてみたものの、木の枝に遮られてよく分かりません。

観音山の3兄弟.jpg

でも、よく見てみると、やっぱりオジロくんでした。しかも、弟分のノスリとカラスを従えて…。

原田家からの冬の朝日.jpg

冬の朝陽を全身に浴びて気持ちよさそうでしたヨ。様似の冬の晴天率は北海道でも屈指じゃないかしら?毎日のようにこんな気持ちの良い朝陽を浴びることができます。札幌方面は雪かきで大変だそうですが、同じ北海道でも別世界です。(タク)

2012年01月25日様似沖での毛ガニ漁解禁ですって

今日は、午後から所要で幌満コミュニティセンターへ…。

幌満コミセン玄関.jpg

アポイ岳ジオパークのジオエリアの一つ、幌満峡エリアの入口に建つ、旧幌満小中学校の校舎です。

幌満コミセン開校100年.jpg

長い歴史を刻んだ同校ですが、7~8年ほど前だったか廃校となり、現在は地区の集会施設として活用されています。

幌満コミセン.jpg

貴重なかんらん岩体の中に位置しているだけあって、校舎の前にはこんな立派なかんらん岩のモニュメントも飾られています。かんらん岩そのものは東邦オリビン工業さんが提供し、南組さんが切断と研磨を施したうえで寄贈いただいたものです。

幌満コミセン・ジオ案内板.jpg

また、アポイ岳ジオパークの幌満峡エリアの説明板も置かれています。幌満峡にお出での際はぜひお立ち寄りください。

毛ガニロードチラシ表.jpg

ところで、日高の四季の旬グルメ第3弾がいよいよスタートしました。その名も「いいひだから、ひだかへ。冬のひだか毛ガニロード」。今が旬の毛ガニを使った創作料理を、管内五つの宿泊施設でそれぞれ提供しようというもの。オラがホテルのアポイ山荘では「様似に来(昆)んカニ御膳」と銘打って、カニの釜飯やクリームコロッケなどカニ満載のメニューで皆様をお待ちしています。

毛ガニロードチラシ裏.jpg

くわしくは、アポイ山荘スタッフブログhttp://apoi-sanso.cocolog-nifty.com/ を参照ください。そして、様似の前浜での毛ガニ漁もいよいよ解禁。地元直売所の花蘂水産には、目利きの社長が厳選した新鮮な様似産毛ガニがぞくぞく入荷しているらしい…。http://kasibenomatubu.blog76.fc2.com/ 

日高の冬は、幌満峡のドライブのあと、アポイ山荘でカニ料理に舌鼓を打ち、帰りに花蘂水産で新鮮な毛ガニをゲット…なんてのは、いかがですか?(タク)

2012年01月22日町民一丸!無事故の決意

1月22日、1月の恒例行事となっている「様似町交通安全住民

大会」が行われました。

  大会長である坂下町長から「昨年は様似町で1件の死亡事故があり

ましたが、今年はゼロで過ごしましょう」と交通安全への意識強化が呼

かけられました。

 

パネル展web.jpg 北方領土web.jpg

(ロビーでは交通安全パネル展も同時開催)            (呼び戻そう  北方領土署名コーナー)          

ほくとくんweb.jpg錦緑受賞web.jpg

(北海道警察のマスコット「ほくとくん」も応援に)          (昨年銅賞の錦緑は数十年ぶり?となる金賞を受賞)

 それぞれの団体代表による交通安全宣言は今年も各学校

女性団体連絡協議会、老人クラブ連合会から5名の方が

宣言文を読み上げました。

小田交通安全宣言web.jpg大会宣言web.jpg

 (様似高校3年生 小田さん)                       (様似町交通安全協会青年部  滝川部長による大会宣言)

大会終了後には、すっかりお馴染みとなった北海道警察

音楽隊・カラーガード隊による演奏会が行われ、会場から

大きな拍手が湧き起こりました。(302)

(華やかなカラーガード隊の演技)

カラーガード1WEB.jpg カラーガード2WEB.jpg
カラーガード3WEB.jpg 黄門寸劇WEB.jpg

                                              (水戸黄門に扮した隊員たちによる寸劇)

2012年01月19日またまたアポイ山荘から新製品の登場です

またまた、アポイ山荘で新製品が登場です。シンプルながらも黄色いラベルが目をひくその商品は…。

蜜姫ピラミッド.jpg

アポイの高山植物・サマニユキワリとその妖精アポイちゃんが描かれたラベルに書かれているのは、「アポイの蜜姫」の文字。そう、ハチミツです。

蜜姫アップ.jpg

これは、福岡のある方が様似で養蜂したハチミツをアポイ山荘が商品化したもの。みつ源は、北海道に広く分布しているシナノキで、ラベルの名前は、書道家・濱谷彩鶴さんの揮ごうによるものです。なお、「日本ジオパーク認定」とありますが、日本ジオパークに認定されたアポイのハチミツの意味で、けっして日本ジオパークネットワークが公認した商品ではありませんので、誤解なく。

工藤さんが持つ蜜姫とシフォ.jpg

様似のハチたちが一生懸命集めたハチミツをどうぞご賞味ください。180gで830円で販売中。少し前に販売開始した、様似産いちごが入ったアポイシフォンケーキ(450円)にもたっぷり使われていますヨ。(タク)

2012年01月16日オリジナルジオグッズをつくったよ!

 

先週金曜日、アポイ岳ジオパーク推進協議会では「ふるさとこどもジオ塾」を開催しました。子どもたちにジオパークを楽しんでもらうためのこの行事、夏休みの砂金採り体験に続く今年度第2弾冬休み企画は4つのメニューからなる「オリジナルジオグッズつくり」です。

120113_参加者.jpg

今回は様似小学校1~6年生の21名が参加してくれました。

最初はアンモナイト化石のレプリカつくりから。型採りに使った化石は、おとなりの浦河町産のもの。様似ではアンモナイトは出ないんです。もちろんそれには深ーいジオ的理由があるのですが、今回はむずかしい話はそこそこに、さっそく作業開始!

120113_紙粘土.jpg

紙粘土に化石を押しつけて型を取り、

 120113_石膏乾燥中.jpg

水で溶いた石膏を流し込み、待つこと1時間。

120113_カラフルアンモ.jpg

固まったレプリカに色を塗ってできあがり。子どもたちの豊かな創造力で、何千万年もの時を超えて色鮮やかに蘇ったアンモナイトです。

120113_かんらん磨き.jpg

石膏が乾くまでの間、3班に分かれて順に3つのメニューにチャレンジ。
これは、かんらん岩のマグネットつくり。世界に誇る新鮮で多彩な様似のかんらん岩のチップの表面をヤスリでみがき、

120113_かんらんマグネット.jpg

裏に磁石を貼り付ければ、世界にひとつだけのオリジナルマグネットの完成!

120113_琥珀磨き.jpg

そして、こちらは虫入り?コハクみがき。樹液の化石である市販のコハク標本(正確には年代の浅いコパルです)をサンドペーパーでみがき、中が見えるようにします。そして、運が良ければ…

120113_虫入りゲット.jpg

やったー!虫入りだ! 大昔に中にとじこめられた虫にご対面。5人の子どもたちが虫入りコハクをゲットして大喜びでした。

120113_鉱石さがし.jpg

これが4つ目のメニュー。この子たちはなにをしているかと言うと…

 120113_宝石.jpg


砂利の中に隠された鉱石の粒をさがしていたのです。鉱石は全部で6種類。全部見つけたら、ステキな宝石コレクションの完成です。

 

実は今回のメニューのほとんどが、我々スタッフにとっても初めての体験。準備と後片付けはけっこう大変でしたが、オリジナルジオグッズを手に嬉しそうに帰っていく子供たちを見ていたら、「さて次回はなにをやろうかな?」
(krmd)

 

なお、今回のメニューは全て昨年10月に北海道の洞爺湖町で開催されたジオ・フェスティバルの内容をほぼそっくり真似させていただいたものです。いろいろとアドバイスをいただきました横山先生(道立教育研究所附属理科教育センター)及び岡本先生(室蘭栄高校)をはじめ、同実行委員会のみなさまに感謝申し上げます。

2012年01月14日国造りの神様が尻餅をついた跡

浦河まで所要で出かける途中、塩釜トンネルの岩肌がやけにきれいに見えたもので、西町の浜海辺(はまうんべ)に降りてみました。

浜海辺からのアポイ.jpg

海からの風が冷たかったのですが、意外に気持ちよかったです。

浜海辺の凍岩と親子岩.jpg

岸壁の岩も、打ち寄せる波で氷の化粧をまとっていました。

浜海辺からの塩釜.jpg

トテラポットもこのとおり。波しぶきが容赦なく打ちつけます。さて、正面の塩釜トンネル、日差しで岩肌に陰影がつき、よく見るとけっこうおどろおどろしい…。アイヌの言伝えでは、トンネル右側の窪みは、巨神・アイヌラックルが尻餅をついた跡(オショロコツ)で、左側のローソク岩は彼が落とした鯨の焼き串(イマニッチ)だそうです。なんとも、ユーモラスなお話ですよネ。

鵜苫高台の2羽のオオワシ.jpg

そそくさと浜海辺の撮影を切り上げて、本題の浦河へと鵜苫に入ると、鵜苫駅裏の高台にオオワシが2羽、高みの見物。さらに西側にはオジロワシもいたのですが、いかんせんコンデジなもので、これがズームの限界です。(タク)

2012年01月12日今冬一番の寒さですね。マイナス10度?

いや~、今日は寒かったですね。朝起きたら、部屋の温度もずいぶんと下がっていました。

様似小学校前のスケートリンクもこのとおり。

リンク完成間近1.jpg

教育委員会の職員が夜なべでがんばった成果で、完成まであと一歩です。

リンク完成間近2.jpg

ところで、帰り道。この寒さで様似川の鳥たちもふるえているかと、鉄橋下に寄ってみると…。

歩道歩く白鳥.jpg

堤防上の歩道を白鳥の子どもが座り込んでいました。怪我でもしているのかと近づくと、トコトコと遠ざかっていきます。川の中は寒かったのかしら?

鉄橋下の白鳥とアポイ.jpg

お昼ということもあり、ほとんどの白鳥はかたまって休んでいました。それにしても、寒い!

飛び立つマガンたち.jpg

近づいてもあまり反応はなかったのですが、少し調子に乗り過ぎて肉薄すると、マガモたちがいっせいに飛び立ってしまいました。

今日の北海道は、陸別町などがマイナス28度とこの冬一番の寒さ。我が様似もそこまで冷え込むことはありませんが、マイナス10度ぐらいはいってたのではないでしょうか。お風邪を召さぬようご自愛を。(タク)

2012年01月10日今年のあなたの運勢はいかに?

5日ぶりのブログでゴメンナサイ。ちょっと事情がありまして、こんなに開いてしまいました。

さて、今日は様似町商工会主催の「歳末大売出し抽選会」が行われました。

大売出抽選・全景.jpg

会場の中央公民館には、抽選券を握り締めた約300人の町民が集まりました。1等は3万円の商品券が5本。以下、いずれも商品券で2等は5千円が100本、3等は3千円が200本、4等が2千円で500本の商品が用意されています。

大売出抽選・年男年女.jpg

まずは、下2桁で当選が決まる3・4等の数字を、年男のYさん(36歳)と年女のSさん(小5)に射抜いてもらいます。

大売出抽選・観客.jpg

会場の皆さんも出る数字に一喜一憂です。

大売出抽選・一等1.jpg

そして、最後の1等抽選は、主催者である商工会の工藤会長さんと坂下町長が加わって勝負!

大売出抽選・一等2.jpg

観客の熱い視線を背中に受けて、プレッシャーの中、最後の一矢です。

大売出抽選・当選番号.jpg

確定した当選番号はこのとおり。会場にいらっしゃらなかった方に、最速でご紹介しますので、すぐに確認してネ。この後、会場では豪華景品が当たるビンゴゲームでさらに白熱したのでした。

さて、今年の貴方の運勢はいかがでしたか?(タク)

2012年01月05日まちの火消したちは今年も元気です

今日1月5日は、年始恒例の消防出初式。町内各消防団が一堂に会して、日高東部消防組合副管理者(町長)の観閲と行進が行われました。

出初・整列・全景.jpg

中央公民館前に集まった各分団と消防車両。団員の皆さんも不動の姿勢で観閲を待ちます。

出初・整列・団員.jpg

そして、彼らの前を日高東部消防組合副管理者である坂下町長らが観閲していきます。

出初・副管理者観閲.jpg

この日は、様似のシンボル・アポイ岳もきれいに見えていたのですが…

出初・整列・署員.jpg

とにかく今日は寒かった…。観閲後、直ちに移動して行進となったわけですが、移動中も皆さん、「寒い、寒い」を連発してました。

出初・様似川結氷.jpg

それもそのはず、様似川もこのとおり、すっかり氷結してました。着込んできて正解です。

出初・行進・先頭指令車.jpg

さて、場所を移して、いよいよ指令車を先頭に消防団の行進です。

出初・行進・先頭団長.jpg

団長を先頭に、団旗、各分団、消防車両と続きます。

出初・行進待つ副管理者他.jpg

役場前では、町長以下議員さんらが見守るなか、堂々の行進です。

出初・行進・先頭大橋.jpg
出初・消防車とアポイ.jpg

行進は、大通り3丁目の日本電工前まで続きますが、ワタクシは寒いのでここらで失礼させていただきました。

様似では、ここしばらく大きな火事はなかったように思いますが、先の震災のようにイザというときには消防署をはじめとする町内消防団が頼り…。忙しい仕事のなか、日々の訓練に臨まれている団員さんにあらためて感謝です。しかし、もう少し観客がほしかった…。(タク)

一覧へ戻る

月別アーカイブ