1. トップページ
  2. ブログ

アポイ岳ジオパーク ブログ

2015年02月22日ジオツアーその2・冬のアポイ岳登りました!そして美味しい食べ物と

ジオツアー2日目。冬のアポイ登山の様子をたくさんの写真で紹介します。

数日前まで雨予報だった日でしたが、今日の天気は曇りときどき晴れ!!そこまで寒くもなく、風もあまりなく歩きやすい天気でした。

冬山アポイの案内は、SNTガイド、昨日に引き続きIYKガイド。

0222 1信太ガイド.JPG

ふもとからアイスバーン状態になっていますので、出発前にアイゼンを履きます。

0222 2 アイゼン.jpg

ふもとの林の中は晴れ間が時おりさし、心地よく歩きました。樹木、鳥の痕跡、シカの痕跡などを見ながら進みます。

0222 3 ミヤマビャクシン.jpg

第4休憩所付近の木に見られる、オオトラカミキリの食痕。らせん状の痕が見られます。木を枯らしてしまうのだそうですが、なんとも不思議な食べ方です。

0222 4オオトラカミキリ.jpg

氷の階段もありました。つるつる滑りますが、アイゼンの爪をさして慎重に登ります。氷の上にうっすら雪が積もっていて、大変滑りやすいです。

0222 5 氷の道.jpg

日当りがいい場所などは、ササが見えるほどの積雪。シカの足跡、食痕が去年よりも多いように見えますが、春先どうなるのでしょうか。

0222 5-2.JPG

5合目小屋に到着ー!!うっすら雲の中ですが、目的地アポイ岳山頂が見えます。

0222 6 5合目.jpg

馬の背あたりの稜線には、雪庇(せっぴ:風下にできる雪の塊)が続きます。自然が作り出すみごとな造形だな思いながら慎重に歩きます。

0222 8セッピ.jpg

馬の背過ぎで、アポイ岳を背景に記念撮影。夏山アポイよりも難易度は高いですが、みなさんとてもお元気です。

0222 9馬の背.jpg

9合目からの眺め。雪がつくダケカンバ、馬の背の稜線、ちょっとぼんやりですが様似町市街地。白色が輝く、ダイナミックな景色です。

0222 10様似市街.JPG

アポイ岳山頂到着!!お客様”全員”が登頂でした!!

積雪は、このくらいです。今日の山頂は風があたるため、すぐに下山を開始します。

0222 12アポイ.jpg

下山。吹きだまりになっており、歩くとバランスを崩して転びやすいです。

0222 13 下り.jpg

5合目の小屋にて、あたたかい飲み物が振る舞われました。ほっと一息つく姿にとても嬉しくなりました。アポイ岳から降りてきて食べたお昼ご飯とあたたかいお茶は、とても美味しかったです。

0222 14.jpg

全員が無事下山!!お知り合いになっちゃいましょう交流会ということで、様似迷菓・梅屋さんの「尻餅」、マルエー商事さん昆布パンが振る舞われました。きざみ昆布とツナの組み合わせが美味しいです。

0222 15.jpg

私は、食べられなかったのですが(笑)今日のお弁当です。手作り「昆布入り具沢山おにぎり」「昆布入り卵焼き」様似産の食材を使ったお弁当です。マルエー商事さん、ありがとうございました!!

0222 17-1.jpg 0222 16-1.jpg

お客様が全員アポイ岳の山頂に立つことができました。怪我も無く、無事にツアーを終えることができました。多くの方々のご尽力あってのことです。今年度のアポイ岳ジオパークジオツアーは終了しましたが、来年度も8回ツアーを企画しています。様似の魅力を知ってもらえるように、満足いただけるように頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。参加者のみなさま、お疲れ様でした。参加ありがとうございました。

0222 18.jpg

<テレビ放送のお知らせ>今回の冬のアポイ岳ツアーは、明日23日、夕方18:10からのNHKほっとニュース北海道・胆振日高版内でテレビ放送されます。ぜひご覧下さい。(ジオ美)

2015年02月21日晴天!ジオツアー冬の幌満峡トレッキング

2月21日、今年度最後のジオツアー1日目です。天気が良く、それほど寒くもなく、歩いてとても気持ちの良い幌満峡トレッキングでした。

 

札幌・小樽・北広島・旭川・函館・帯広方面から、25名ものお客様にご参加いただきました。定員でお断りさせていただいた方には申し訳ありません。以前のジオツアー、アポイ登山や様似山道などで、何度か様似を訪れたことがある方も多く、大変嬉しく思いました。

0221 1 オリエンテーション.jpg

歴史担当MZNガイドと、自然担当IYKガイドと幌満峡を歩きます。

0221 2 ガイド.jpg

今年の様似の町中は、道路に雪がないほど少雪。先週の雪で、今の幌満峡はこのような状態です。ところどころアイスバーンですが、渓谷の景色、樹木、岩、鳥などを見ながら歩きます。

0221 3 幌満峡.jpg

旧大泉小学校の場所から、幌満ダムをめざします。

0221 5 幌満.jpg

枯れたススキやセイタカアワダチソウ、ミヤコザサも、いつもと違う景色に見えてきました。

0221 4 セイタカアワダチソウ.jpg

幌満ダム到着。

幌満峡トレッキング中、クマなどを見回っていただいていた、様似町猟友会のSKRIさん。昔は、ダムの向こうの山の上までシカ追いをされていたとのことです。鹿笛は雄鹿の鳴き声に似た音を出し、鹿を寄ってこさせるために使うのだそうです。

0221 6 櫻井さん.jpg

幌満ダムからは、雪が積もって谷筋が白く輝く広尾岳が見えました。ダムには氷が張っています。澄んだ青空と雪山、ずっと見ていたくなるような景色でした。

0221 7 幌満ダム.jpg

途中、コゲラにも出会いました。

0221 8 コゲラ.jpg

幌満川第2発電所を新日本電工TKHS課長に案内してもらいました。

0221 水力発電所.jpg

水力発電のしくみ、発電所内の設備、電力供給のしくみなど、とても楽しくお話いただきました。

0221 9 変電所.jpg

幌満を離れ、冬島地区のヲホナイの滝へ。数日前に凍ったばかりという氷瀑も見られました。今年は、昨年よりもダイナミックに凍ってます。お客様も大変感激されていました。ENDTさん、ありがとうございました。

0221 10 オホナイの滝.jpg

最後に太平洋に沈む夕日を眺めながら、心晴れやかに宿に向かうのでした。

0221 11 夕日.jpg

今頃、夕食に毛蟹をはじめ様似の海産物を堪能されていることでしょう。明日は、アポイ登山です。晴れるといいなと願ってます。(ジオ美)

2015年02月02日シフォンケーキおいしかった!日高昆布フォーラムと久野志乃絵画展

昨日は、特産の日高昆布の生産・流通・消費を考える、「第7回日高昆布フォーラム」が様似町中央公民館で開かれました。

昆布フォーラム_会場.jpg

会場には、昆布漁師さんや加工屋さん、漁協関係者など、200名ぐらい(目見当です)の人が来ていました。

昆布フォーラム_法被.jpg

フォーラム実行委員会の会長と副会長。。。。。マスコットのおこぶちゃんとここぶちゃん、皆さん忘れていませんよね?

昆布フォーラム_講演.jpg

講演では、福井県敦賀市の昆布卸し・加工業者のナマトタカハシ㈱の北村さんから、様変わりしている昆布流通の実態をお話ししてもらったほか、様似町で昆布の研究を続けている、北大の四ッ倉先生から、試験実施した昆布胞子散布による養殖試験の結果が報告されました。

昆布フォーラム_試食.jpg

休憩時間には、漁協女性部と町食育協議会のお母さん方がつくった、昆布巻きやシフォンケーキなどがふるまわれ、昆布を使った新しいメニューに、参加者も「おいしい、おいしい」を連発していました。

昆布フォーラム_昆布巻き.jpg

これは、特製シカ肉昆布巻き。シカ肉の消費拡大が叫ばれていますが、そのシカ肉と昆布のコラボです。

昆布フォーラム_菓子.jpg

そしてこれは、おなじみの昆布チップスに、昆布を素揚げし、フランス製粉砂糖「プードルデコール」をふりかけた、その名も「海の天使」。昆布の塩味と優しい甘味が絶妙です。

昆布フォーラム_ケーキ.jpg

そして、ケーキ生地に昆布の粉末を混ぜた、シフォンケーキ。、もう堪りません!

久野絵画展_叔父.jpg

そして、館内にはもう一つのイベントが。様似町出身で札幌在住の美術家・久野志乃さんの絵画展もオープンしてました。本当なら本人さんにご登場いただくのですが、ご不在であったため、急きょ叔父の久野漁業の社長さんに宣伝していただきました~!

久野絵画展_作品.jpg

独特の世界観を醸し出している久野さんの作品。

久野絵画展_展内.jpg

ギャラリーには、フォーラムに来た方々もたくさん足を止めて彼女の世界を楽しんでいました。

久野絵画展_ポスター.jpg

久野さんの絵画展は、2月15日まで開催しています。ぜひ、一度ご覧ください。

温暖化による昆布の不良や、消費者のニーズ変化など、日高昆布を取り巻く状況は厳しくなる一方ですが、だからこそ400年続く基幹産業を後世につなげるため、地域全体で考えていく必要があるますね。(タク)

 

2015年01月30日第10回ジオ塾は、久しぶりの森さんの歴史講座でした~!

ご無沙汰しておりました。

昨日、平成26年度ふるさとジオ塾の第10回講座が行われ、久しぶりの来場者50人を突破しました~!

10th_ジオ塾_全体.jpg

この日の講座は、「様似の歴史と文化財」と題して、元様似町議で等澍院文書編纂委員でもあった森勇二さん(札幌在住)に、江戸時代のころの様似の様子や、江戸幕府によって整備された、様似会所・様似山道・等澍院について、古文書を紐解きながらくわしく説明いただきました。

10th_ジオ塾_森勇二.jpg

久しぶりの森さんの講演とあって、この手の講演会では30~40人がいいところなのですが、スタッフを含めると約60人の人が集まり大盛況!森さんは、古文書から調べた豊富な知識で、江戸時代の様似の様子やアイヌ語地名、東蝦夷地が2度の幕府直轄領となった歴史的背景、様似会所や様似山道、等澍院といった史跡などの文化財について、新しい知見も交えてわかりやすく説明してくださいました。

10th_ジオ塾_中岡.jpg

また、この日はえりも町の中岡学芸員さんにもコメントをいただきました。というのも、森さんが話題とした様似山道は、お隣のえりも町の猿留山道とともに、現在、国の史跡指定のための手続きが進んでいることから、その辺の状況を語ってもらったのです。

中岡さん曰く、国の史跡の価値を判断する専門官が両山道を歩いて史跡指定に太鼓判を押したとのこと。本州などでは古道は市街地などに分断されてぶつ切りとなってしまっているものが多い中で、両山道はほぼすべての行程が残されていること、北方警備を裏付ける史料であることが貴重で、指定間違いなしだそうです。

10th_ジオ塾_満員.jpg

森さんの講座は、お願いしたこちらの欲張りもあって根本的に時間が足らず、かなり端折った解説とさせてしまいましたが、森さんは様似を描いたいくつもの絵図を使いながら、私たちを200年前の様似に連れて行ってくれました。

森さんからは、各地に残るアイヌ語地名や史跡なども、ささやかな看板があれば後世に残すことにつながるので、文化財の洗い出しや看板整備などに町としても取り組んでほしいとの、アドバイスもいただきました。いつも、看板づくりをしているようなジオパークですが、まだまだ足らないな~と感じたワタクシなのでした。(タク)

2015年01月16日子どもたちと手作りかんじきで様似の冬を歩いてきました

冬休みの小学生たちとかんじき作り・冬の様似探検をやりました。

0116 1.jpg

かんじきとは、雪の上を滑らずに、ぬからずに歩くことができる道具です。枠の材質や形状、ひものかけ方は地方によってさまざまです。

0116 2.jpg

今回は木のつるを使って、かんじきを作ります。つるは、曲げてもなかなか折れません。

0116 3.jpg

つる2本を針金でとめます。ひもで足を置く場所を作ります。

0116 4.jpg

かんじきは一つ完成したら、もう片足分を作らねばなりません。2個めは作るスピードも早くなりました。飽きずに頑張っていました。

 

そして、午後。雪を求めて、新富方面に向かいました。

動物出てこないかな〜!と期待を込めながら。。。

0116 5.jpg

ISKさんは、鳥などの話をしてくれました。シジュウカラ、ゴジュウカラなどの鳥に出会いました。

0116 6.jpg

かんじきはコクワ、ヤマブドウ、ツルアジサイなどのつるを使って作りました。この装飾花はツルアジサイです。

0116 7.jpg

ひもを結んで、いざ雪山へ。

0116 8.jpg

積雪がそこまで無く、雪が結構しまってます…。かんじき歩きにくい…との声が続出の中、斜面を登っていきます。

0116 9.jpg

班対抗かんじきかけっこ競争もやってみました。

0116 10.jpg

晴天で澄み切った天気のいい日でした。白く輝くアポイ岳?、吉田山?も遠くに見えました。

0116 11.jpg

参加者のみなさん、最後までお疲れ様でした。

 

2013年の磐梯山ジオパークでのスノーシュー研修会をいかせないかな、かんじき面白いし!、かんじきで冬の様似フットパスなどにつながらないかな…なにより楽しんでもらえたらなと思ってはじめた企画でしたが…うまくいかないこともありました。動物、動物の足跡、冬の景色など、様似のみどころをもっと見つけていきたいなと思った一日でした。

 

追伸:夕方のN○K全道版ニュースで「身近なものでかんじきを作る」でテレビ出演しました!!(ジオ美)

月別アーカイブ