1. トップページ
  2. ブログ

アポイ岳ジオパーク ブログ

2017年02月21日「美瑛みた~い!」歓声が上がったスノーシュー体験

春間近の2月18日、町内の民間牧草地をお借りして、スノーシュー体験&動物の足跡探しを行いました。まずは、現場に行って、Sさんからお借りしたスノーシューを装着。

IMG_3392.jpg

前日の雨と冷え込みで、牧草地の雪はザックザク。その分、太陽の光が反射してまぶしいぐらいでした。

IMG_7338.jpg

この日は、とても寒かったのですが、天気も良く、雪原とアポイ岳などの他の地形とのコントラストがとてもきれいでした。

IMG_7361.jpg

雪原には、いたるところに動物の足跡が…。シカ、キツネ、タヌキ、ウサギ?これは、多分キツネです。

IMG_7398.jpg

牧草地の端っこで一休み。この日は、2人の小学生も参加してくれました。

IMG_3445.jpg

牧草地の一番てっぺんからは、日高山脈からアポイ岳、手前の様似川流域も一望できます。

IMG_3471.jpgのサムネール画像

ここからだと、アポイ岳も含めた一番奥の鋭角な日高山脈の地形、その手前の付加体由来の凸凹な山、白亜紀堆積岩由来のなだらかな丘陵、そしてこれらを侵食した様似川流域など、地形がよく分かります。

IMG_7376.jpgのサムネール画像

そして、帰りは持ってきたボブスレーで一気に下ります。

IMG_3519.jpg

方向操舵が難しく、自分の思いとは違うところへいってしまうのですが、子どもたちは歓声を上げながら、大人たちは童心に帰って楽しみました。

IMG_3530.jpg

降りた後には、まだ多少温かさが残る中村おやきを皆で食べました。

IMG_3570.jpg

雪の少ない様似ですが、ここならちょっとした雪国体験が楽しめます。みんな、「美瑛だ~、富良野だ~」と言いながら、様似の冬を楽しんでいました。(タク)

2017年02月20日第1回ジオカフェを開催しました。

2月17日(金)、飲食しながらジオパークを通じた地域づくりを考える「第1回ジオカフェ」を、ホテル・アポイ山荘で行いました。

IMG_7291.jpg

アポイ岳ジオパークがユネスコ世界ジオパークになって1年余り。まだまだ町民の間でジオパークが理解されていないことから、地域づくりのためのジオパークを住民主体で考えようと、様似町アポイ岳ジオパーク推進協議会と室蘭開発建設部との共催で行ったものです。

IMG_7289.jpg

講師は、自らは室戸ジオパークの専門員として室戸のユネスコ世界ジオパーク認定にかかわった、徳山大学准教授の柚洞一央氏。また、アドバイザーとして室蘭工業大学准教授の有村幹治氏にも加わってもらいました。

IMG_7327.jpg

柚洞さんは、ジオパークは持続可能な開発を行う手段であり、住民主体で考え取り組むことの必要性を独特のざっくばらんな口調で語りかけ、参加した住民はジオパークの考え方や教育や観光にジオパークをどう生かすかについて活発な意見を述べ合っていました。

IMG_7297.jpg

ところで、お菓子や食事を楽しみながら、和やかな雰囲気で語り合うのが、ジオカフェ。

IMG_7313.jpg

この日は、アポイ山荘で4月からメニュー化される、エゾシカ肉を使ったカレーとハヤシライス。

IMG_7311.jpg

また、地域おこし協力隊として特産品開発を手掛けている中野さんの試作品、米粉を使ったラスクも提供。いずれもなかなかの味でした。

IMG_7314.jpg

また、このジオカフェの前には、様似町中央公民館にて町議会議員や町幹部職員、町教育委員、アポイ岳ジオパーク推進協議会会員向けに学習会も開催。

IMG_7257.jpg

いつもはカタイ雰囲気の参加者も、柚洞さんの軽快なペースに引き込まれつつ、ジオパークと地域づくりを考えていました。

IMG_7267.jpg

地域の現状を見つめ、自分たちの子や孫にどんな様似を残せるのか。ジオパークを通じた地域づくりのジオカフェは、今後も継続的に進めていく考えです。

IMG_7250.jpg

参加された町民のみなさん、講師の柚洞さん、有村さん、ありがとうございました。次回は新年度早々に開催予定ですので、お友達を多数お誘いの上、ぜひまたご参加ください。(タク)

2016年05月05日ビジターセンターGWイベント開催しました

今日はこどもの日ですね。みなさまゴールデンウィークはいかが過ごされましたでしょうか?様似町の天気は3日は晴天、ビジターセンター前の桜もきれいに咲き、アポイは登山者で賑わいました。4日と5日は雨と曇りの天気でした。

さてアポイ岳ビジターセンターでは、5月3日~5月5日にイベントを開催しました。

0505イベント1.jpg

石に好きな絵を描こう!砂利の中から宝石を探そう!

0505イベント2.jpg

ネイチャークラフト、木の枝やクルミ、まつぼっくりで作品をつくろう!!

0505イベント4.jpg

5月3日は、晴天。アポイ登山もにぎわいました。ビジターセンターの駐車場は満員でした。

0505イベント5.jpg

ビジターセンター前の桜もきれいです。

のべ参加人数76名でした。4日と5日は天候が悪かったにも関わらず、多くの方に参加いただきました。またアポイ岳登山にも、ビジターセンターにも多くの方にお越しいただきました。多くのスタッフの方にもお手伝いいただきました。ありがとうございました。これからも楽しい企画を実施していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。(ジオ美)

2016年05月02日観音山の花情報

みなさま大変ご無沙汰しておりました。久しぶりのブログ更新です。

本日の観音山の花情報です。カタクリ、エゾエンゴサク、キバナノアマナ満開です。観音山は車でも行けますし、親子岩も見えて景色もいいところです。ゴールデンウィーク期間に行ってみませんか?

0502-1.jpg

カタクリ満開です。バイケイソウがニョキニョキとのびてきています。

0502-2.jpg

木々の間から親子岩。そしてカタクリの群落。

0502-3.jpg

カタクリ

0502-4.jpg

エゾエンゴサク

0502-5.jpg

キバナノアマナ

おやきを頬張りながら、展望台で景色を見ながらお茶でも。こんな素敵な時間いかがでしょうか?(ジオ美)

2016年03月13日様似の石の標本箱をつくろうー実験塾3回ー

ふるさとジオ塾3回目です。今日は、とっても楽しみにしていた標本箱つくりです。

0312-1はじまり.jpg

17名の方に参加していただきました。

0312-2標本.jpg

開始前に、参加された方から、持参した石を見せていただきました。見事な石コレクションです。

 

今日は様似を代表する石、6種類で標本箱を作ります。

0312-3様似の石.jpg

様似を代表する石。石と標本箱は、NI~DA先生が用意してくださいました。

0312-4石灰岩.jpg

石灰岩、砂岩、黒雲母片麻岩、角閃岩、ひん岩、トーナル岩、かんらん岩、はんれい岩。あれ、石が8種類!?箱は6つですが、石は8種類から選ばせてもらいました。様似はいろいろな石がある場所なのです。そして大地の成り立ちも様々な話があるのです。この話は今後のジオ塾でまたの機会に。

石を標本箱に収めるサイズにします。ハンマーで割ったり、岩石カッターで切ります。

見事なハンマーさばきのIYKさんは、標本箱にぴったりサイズに石を割ってくださいました。

0312-5磨く.jpg

石を研磨機で磨きます。

0312-6磨く.jpg

 

0312-7磨く.jpg

ダイヤモンド砥石で磨きます。

0312-8標本箱.jpg

完成、様似のふるさと自慢の石の標本箱。

0312-9表紙.jpg

楽しそうに参加者のみなさんが石を切ったり、磨いたりされていたことが印象的でした。大人から子供まで幅広い年代の多くの方に参加いただいた実験塾となりました。講師のNI〜DA先生の豊富な知識から、様々な興味深いことを教えていただきました。ふるさとジオ塾では、これからも様似の自然歴史を学びながら、多くの方に楽しんでいただけるような講座を実施していきたいと思いますのでよろしくお願いします。(ジオ美)

月別アーカイブ