1. トップページ
  2. ブログ

アポイ岳ジオパーク ブログ

2017年04月27日アポイ岳ジオパークの今後は、、、、

ご購読いただいている皆様初めまして!今年より商工観光課の一員となりました。まるです(*'▼‘*)

H課長の命によりブログの更新を任せていただくこととなりました。楽しく、アポイ岳ジオパークの活動を紹介していきたいと思います!

よろしくお願いいたします\(’▼‘)/

 

4月26日(水)アポイ岳ジオパーク推進協議会総会の様子です。今度のアポイ岳ジオパークの方針や考え方について話し合いが

行われました。

会議に出席していて来年にはアポイ岳ジオパークにとって大きな出来事がある、、、かも。と思えるお話が、、、

今後の展開が気になります!!

IMG_9927.jpg

総会と同じ日の夜にはふるさとジオ塾の開校式と第1回目が行われました~\(´○`)

今回の講師は洞爺湖ジオパークで人気ガイドとして活躍している荒町美紀さん!「ガイドから見たジオパークの楽しさ」という題目で

有珠山の噴火の時の話や洞爺湖や有珠山の歴史からジオパークの楽しみ方を講演いただきました!まだまだジオパークについての

知識に疎い僕も楽しく勉強させてもらいました。少しお話しと名刺も交換しまして、

今度は現地に行ってガイドしてもらいたいな~と思ってます!!

IMG_9964.jpg

今回のジオ塾想定していた人数を大幅に超える参加者が、、、嬉しい反面資料が足りず、机が足りずで担当の僕も新人のⅠ君も

バタバタ/(゜m゜)\次回は早め早めの行動で円滑に立ち回れるように頑張ります。

IMG_7956.jpg

以上、初投稿でした!最後には自分の反省も少し書かせてもらいました(汗)最後に今後の宣伝を、、、

5月3,4,5日はアポイ岳ビジターセンターでGWイベント 12、13日はジオカフェ 19日にはジオ塾特別編があります(≧○≦)

興味のある方は商工観光課へお問い合わせを!皆さんもお越しをお待ちしております!(まる)

2017年04月10日アポイ岳登山の安全を祈願_登山シーズン到来です。

4月8日(土)、残雪が残る中、今年のアポイ岳登山の安全祈願祭が登山口のアポイ山麓ファミリーパークで行われました。

IMG_7909.jpg

様似町と観光協会主催の祈願祭には、坂下・様似町長や町議会議員のほか、登山道管理や事故対応に協力いただく関係機関の代表者などが集まり、今年の無事故を祈っていました。

IMG_7915.jpg

また、町とアポイ岳ファンクラブが携帯トイレ用のテントブースを設置するとともに、立入りを制限するための登山道ロープの修繕作業を行いました。

P4081026.jpg

これで、いつでも登山者が来ても大丈夫!

P4081029.jpg

ところで、安全祈願祭は、住吉神社の宮司さんにお祓いをしていただいたのですが、その様似の住吉神社では、一昨年のアポイ岳のユネスコ世界ジオパーク認定を記念して、アポイ岳固有種のヒダカソウをあしらった絵馬を作成販売。

IMG_7926.jpg

その収益の一部をジオパーク活動に役立ててほしいと、祈願祭終了後に坂下町長に酒井宮司から寄付がありました。

IMG_7923.jpg

絵馬の「所願成就」にあやかって、今年のアポイ岳にも昨年以上のお客様がいらっしゃることを祈願。酒井宮司、ありがとうございました。お志はアポイ岳の活動に大切に活用させていただきます!(タク)

2017年04月07日アポイ公園オープン・山開き前に案内看板設置しました!

明日(4月8日)のアポイ岳山開き・アポイ山麓ファミリーパークオープンに備えて、新しいパーク内案内板を建て替えました。

IMG_7894.jpg

看板は、表示板を除いてはすべて自前。木製の基盤は公園管理の生き字引のKobaさんが廃材を使って組み立て、その設置には商工観光課のZyunさんと新人のKo-taくんががんばりました!

IMG_7895.jpg

業者制作のアルミ板も、シロートの二人が挑戦。強力接着剤に表面テープ、縁も透明シリコンでコーキングする徹底ぶり。これなら間違いなくはがれることはありません。いや、はがれるか。。。

IMG_7901.jpg

基礎なしの掘っ建て工法。でも、補強の丸太と地中にはかんざしも入れたので、強風が吹いても大丈夫です。

IMG_7905.jpg

最後に、仕上げの塗装をして完成!明日の山開き祈願祭にはニュー看板をお披露目します。今年もいよいよ登山シーズンスタートです!(タク)

2017年04月01日別れと出発_新年度スタートです。

またもや季節外れの寒さと雪の年度末でしたが、今日、4月1日は少し日が差して新年度スタートらしくなっています。ウチの裏の福寿草も随分前から咲いていたのですが、思わぬ雪でなにやらすぼまっています。

IMG_7888.jpg

年度末の昨日は、役場を退職される方の見送りが行われました。

IMG_7881.jpg

ジオパークを所管する商工観光課では、道派遣職員としてアポイ岳ジオパークの世界認定審査などでがんばってくれたOさんが北海道庁に移動となるほか、観光セクションでがんばっていたMさんが新天地での生活に向けて旅立っていきました。

IMG_7884.jpg

来週の土曜日(4/8)には、例年よりちょっと早くアポイ岳の山開きとなります。登山口のアポイ岳ジオパークビジターセンター前にある、アポイ山麓ファミリーパークの案内板も衣替え。

IMG_7857.jpg

いつもと変わらぬ役場の商工観光課ですが、少し席が増えて週明けから本格始動です。新年度も、ジオパークと商工観光をよろしくお願いします!

IMG_7891.jpg

2017年03月18日和歌山大学の観光の先生を案内しての、M隊長のお試しフォトツアー

現在、浦河・様似・えりも・広尾の四町では広域の観光地づくりをすすめており、きょう午後から浦河町文化会館で開催された観光セミナーの講師として訪れている和歌山大学の観光の先生をお連れして、様似町でのお試しフォトツアーをセミナーに先立つ午前中に行いました。

IMG_7794.jpg

先生方をご案内したのは、地元カメラマンのM隊長。セミナー前であまり時間がないとのことで、まずは鉄板コースの親子岩から。

IMG_7800.jpg

地元の我々なら、いつも見慣れている親子岩ですが、昔の漁火の写真や霧の写真など、ファインダーの視点で見るとまるで違う景色が現れます。そんな地元カメラマンこだわりの見方や撮り方を説明するM隊長。

IMG_7803.jpg

海霧が夕日に照らされてできる光柱現象など、超レアなM隊長のお話に、参加したみんなは敬意をこめて「変態だ~」。

IMG_7804.jpg

続いて向かったのは、これまた鉄板のエンルム海岸。今朝は雲一つなく風もなくとても静かで、アポイ岳もきれいでした。

IMG_7807.jpg

ここでもM隊長。夕日に照らされるアポイ岳の写真を先生方に見せて、同じアポイ岳でも状況によってさまざまな表情を見せてくれることを紹介してました。

IMG_7809.jpg

さらに次は、円館の滝へ。円館さんの家の裏にある滝なので、エンダテの滝。滝を背負って暮らしているなんてなんて贅沢なことでしょう。円館の父さんもいました~。

IMG_7814.jpg

四町観光のコーディネーターをしているKさんが、網に干している棒鱈を見て、「これなんですか~?」と質問したら、父さんすぐに「棒鱈だ~。食べてみっか!」

IMG_7821.jpg

カチカチの棒鱈をカナヅチで何本も叩いて食べさせてくれました。これが絶品。みんな「おいしい、おいしい。」を連発していました。

IMG_7832.jpg

その後、M隊長が案内してくれたのは、秘密の洞窟。中には浮き球がいくつも転がっていて、絶好の被写体です。

IMG_7842.jpg

最後に向かったのは、幌満峡。ゴヨウマツ記念碑のある河岸に降りてみると、昨年の台風大雨の洪水で洗い流されてかんらん岩の岩肌がきれいに露出していました。

IMG_7851.jpg

雪解け水もおさまり、とてもきれいな水面。風もなく静かで、腰を下ろしてゆっくりお弁当でも広げたいような時間でした。M隊長の視点で見ると、様似の風景もまたガラッと変わって見えます。大学の先生は、景色も素晴らしいけれど、それをマニアックに楽しいでいる変態隊長が素晴らしいとおっしゃっていました。最後は、変態が集まる町で売り出そうかと、半ば本気でお試しフォトツアーを終了したのでした。(タク)

月別アーカイブ