1. トップページ
  2. ブログ

アポイ岳ジオパーク ブログ

2019年06月13日令和元年度最初のアポイ岳自然セミナー①を開催!エゾシカ肉も堪能!

いつ以来の投稿となるのか記憶も途絶えるくらい久しぶりの登場となりましたジオローです。ペンネームもあっていますよね!?

さて6月6日に開催しましたアポイ岳自然セミナー&ふるさとジオ塾についてお伝えします。

アポイ岳自然セミナーとは、アポイの自然の貴重さや素晴らしさを町民に再認識してもらうため、研究者らにそれぞれのテーマに沿ってご講演していただいています。

P6063014.JPG

今年度最初のセミナーに、酪農学園大学の伊吾田准教授を講師に招き、「エゾシカ管理の現状と課題」をテーマにご講演していただきました。北海道では特に積雪の少ない日高を含む太平洋側に多く生息しており、そこから全道的に分布が拡大しているようです。また日高地域は競走馬の産地で主食となる牧草がエゾシカの被害に遭っている現状です。また、アポイ岳のいては、エゾシカの食害により高山植物が減っていることや、登山道沿いにカメラを設置しエゾシカの追跡調査や個体数調査などの結果についてお話しされました。

P6063030.JPG

エゾシカの夏毛と冬毛の違いについて説明。写真で手に持っているのはエゾシカの冬毛。

P6063021.JPG

講演の合間には、さまにエゾシカを有効活用する会の皆さんがエゾシカ肉料理を振舞ってくれました。セミナー参加者は、どの料理も堪能していました。

P6063018.JPG

エゾシカ肉の唐揚げ

P6063017.JPG

エゾシカの焼肉

P6063028.JPG

酪農学園大学で教材として使用している実物大の動物のぬいぐるみ。

(左)生まれたての小鹿のぬいぐるみ、(右)生まれたてのヒグマの子熊のぬいぐるみ。

参加者の皆さんは、あまりの違いに驚いていました。

今年度のアポイ岳自然セミナーは、あと2回を予定しています。アポイ岳の自然が今、どのような状況下にあるのか、さらにはどのような保全活動に取り組んでいるのか知る良い機会ですので、ぜひ興味があればご参加ください。  (ジオロー)

2019年06月13日ふるさとジオ塾「冬島遺跡発掘現場見学」を行いました

5月26日(日)、様似町教育委員会で発掘を進めている冬島遺跡の

発掘現場見学会を行いました。

IMG_5160.JPG

最初に中央公民館で、髙橋学芸員から冬島遺跡の概要や遺跡の基礎知識について

お話しいただいた後、発掘現場へ移動しました。

IMG_5075.JPG

現時点では、冬島遺跡は約2,200年前、北海道独特の文化期である「続縄文文化期」の

遺跡であると考えられているそうです。

発掘現場では、発掘の進め方や現在見つかっている昔の人が掘った穴の跡などについて

実際の跡を見ながら説明頂きました。

IMG_5086.JPG

この遺跡からは、「貝塚」と言われる昔の人が食べた貝や動物の骨が

積み重なって層状になった部分も見つかっています。

その他にも多くの土器や石器も見つかっています。

参加者は、実際に出土したものを間近で見て、昔の人の暮らしに思いを巡らせていました。

IMG_5132.JPG

この遺跡は、高台にあるためイルカなどが近づいたときに見やすかったことや

背後にそびえるアポイ岳が海からの目印となる好立地だと考えられています。

また、道東と道南の中間地点にあり、文化的交流があった可能性もあるため、

今回の発掘調査によって、これら冬島遺跡の研究が進み

その特徴が明らかになる日が楽しみですね!

2019年06月09日北海道自然観察協議会のみなさまをご案内しました

北海道自然観察協議会2019全道大会が6/8-6/9にかけて様似町とアポイ岳で開催されました。12名の方々が様似に来てくださりました。

6/8(土)はMガイドとSガイドが「エンルム岬・等澍院・プレートの衝突現場等」を案内し、ジオラボではN所長のレクチャーを受け「かんらん岩磨き」を行いました。

6/9(日)のアポイ登山の様子をレポートします。

0609-1インフォ.jpg

6時登山開始です!Tガイドの案内で山頂まで登りました。植物観察目的の方が多かったですが、私も「プレート活動がもたらしたマントル・かんらん岩」をテーマにご案内させていただきました。最後にアポイ岳ジオパークビジターセンターを見学いただきました。みなさま大変熱心に観察されていかれました。

最後にアポイ岳で見られる花の紹介です。

0609-3ヤマブキ.jpg

アポイヤマブキショウマ

0609-4アポイクワガタ.jpg

アポイクワガタは、見頃終了が近いです。

0609-5キンロバイ.jpg

キンロバイが咲きました。

0609-6チングルマ.jpg

チングルマ

0609-7タカネオミナエシ.jpg

チシマキンレイカ

0609-8ゼキショウ.jpg

アポイゼキショウ

今日は様似町の幼児センターのアポイ登山の日でもあり賑わった一日でした。

以上、ツアーレポートとアポイ岳の開花情報でした。(ジオ美)

2019年06月07日JpGUジオパークセッション等に参加してきました

524日~27にかけて千葉県幕張市で開催された地球惑星科学連合大会に出席してきました。ジオパーク関係者以外にも研究者や企業等が参加する大規模な大会です。

 0607jpgu1会場.JPG

ポスター発表会場と企業等ブース会場の様子

 

私は次の3つを目的に参加してきました。①アポイ岳ジオパークの取り組み事例をポスター発表しネットワークに貢献する。②様似町に関する最新の研究成果について把握する。③各種会議やジオパークセッション等に参加し、情報交換・議論をする。

 

①ポスターセッションについて

0607jpgu2ポスター.JPG

「アポイ岳ジオパークのジオ多様性を伝える方法の検討 -エリア外ジオツアーの取り組みを通して-」について、昨年度の日本ジオパーク全国大会アポイ岳大会ポストジオツアーの事例を発表しました。 

下北の鳥の採食場所の一つが様似沖の魚だという話を聞き、広域連携の可能性について議論を行いました。また、今夏に様似に来たいという女性の方がポスターに来てくださり、様似町東京事務所のHoromanさんがポスター説明しました。

JpGU2019-1.jpg

作成したポスターをpdfでアップします。(※それぞれ4Mくらいあります)

JpGU2019-1.pdf JpGU2019-2.pdf JpGU2019-3.pdf

 

②ジオパークセッションではいくつかの発表がなされました。

0607jpgu3ジオパークセッション.JPG

伊豆大島ジオパークNさんの講演「ジオツアーで「楽しく地球を伝える」ために必要なことは」を取り上げます。

ジオツアーで「楽しく地球を伝える」ために必要なことは、「正しいインタープリテーションを学ぶ→ツアーをつくる→ガイドの存在を知ってもらう→実践する→実践から学ぶ」繰り返すこと。インタープリテーションはテクニックを身につけることであり、どの項目も欠けずに、地道に場数を踏み、日々勉強し、繰り返していくこと。普段実践していることを思い浮かべながら考える時間となりました。

 

③様似町に関する最新の研究の把握

2つのポスターについて説明を聞かせていただきました。お忙しいところありがとうございました。

・「幌満かんらん岩体の鉱物」に関する卒業研究をされたY大学のOさん

・「ダナイト」について研究されたK大学のM先生

他の研究成果については見られていないのですが、10数件もの研究がなされていました。これから研究する方や、近接した研究分野を知りたい方、地元に還元するために次のとおり記録しておきます。

この大会に参加し、成果をアポイ岳ジオパークの活動に還元するとともに、様似町で行われた研究について紹介する展示をビジターセンターにつくりたいと思いました。(ジオ美)

 

以下、様似町の研究最前線に関する「予稿」のリンクです。

・幌満かんらん岩から回収されたTiに富む特異的なコランダムの報告

https://confit.atlas.jp/guide/event/jpgu2019/subject/SIT23-P12/advanced

Reevaluation of the origin of mafic layers in the Upper Zone of the Horoman Peridotite

https://confit.atlas.jp/guide/event/jpgu2019/subject/SCG49-P12/advanced

・日高変成帯野塚岳地域における構造地質学的研究 -島弧・島弧接合による新生代大陸地殻の成長・形成過程とそのメカニズム-

https://confit.atlas.jp/guide/event/jpgu2019/subject/E_SMP32-P06/advanced

・北海道太平洋沿岸日高南部における海水準変動の影響を受けた津波・洪水履歴

https://confit.atlas.jp/guide/event/jpgu2019/subject/MIS12-01/advanced

・北海道中軸部における比抵抗構造:超塩基性岩のテクトニクスへの制約

https://confit.atlas.jp/guide/event/jpgu2019/subject/SCG57-06/advanced

Structural Complexity Associated with Arc-Arc Collision in Hokkaido Island, Japan - Review on Controlled-Source Seismic Researches in Western and Central Hokkaido –

https://confit.atlas.jp/guide/event/jpgu2019/subject/SSS12-03/advanced

・日高衝突帯南端部の地下構造-波形計算を用いた再検討-

https://confit.atlas.jp/guide/event/jpgu2019/subject/E_SSS12-P06/advanced

・海陸地震観測から得られた北海道南部の島弧-島弧衝突帯から太平洋プレート沈み込み帯前弧域の地震波速度構造

https://confit.atlas.jp/guide/event/jpgu2019/subject/SSS12-02/advanced

・北海道における3次元S波減衰構造

https://confit.atlas.jp/guide/event/jpgu2019/subject/E_SSS12-P05/advanced

・北海道南部沖日高舟状海盆を埋積する海底地すべり堆積物の分布と堆積学的特徴ーとくに第四系最上部の地すべり堆積体についてー

https://confit.atlas.jp/guide/event/jpgu2019/subject/HDS11-01/advanced

 

2019年05月31日アポイ岳盗掘防止合同キャンペーンを行いました!

こんにちは、サクです!!

 

今日は5月25日(土)に行われた、アポイ岳盗掘防止合同キャンペーンについて書きます。

このキャンペーンは、北海道の呼びかけにより、様似町や環境省、アポイ岳ファンクラブ

などが合同で行っています。

当日は登山道の入口付近で登山マナーのパンフレットや登山

バッチ、携帯トイレを配布し、アポイ岳保護の呼びかけを行いました。登山日和というこ

ともあり、午前7時から8時の間で70名以上の方が登っていきました。その中には、道外か

らの団体や、お子様連れの登山客も数多くいらっしゃいました。

盗掘防止キャンペーン1.jpg

盗掘防止キャンペーン2.jpg

幅広い地域や年齢の方々に盗掘やハイマツ増殖による高山植物の減少を周知することで、

多くの方にアポイ岳の高山植物を大切に思う気持ちが広まれば良いなと思います。

これからもアポイ岳保全の活動を行っていきますので、皆様のご協力をよろしくお願いします。

 

ここ最近、北海道各地で真夏並みの異常な気温が観測されています。様似町は北海道の中で

比較的涼しい地域ではありますが、山の上では強い日差しを浴びます。脱水症状や、熱中症

に十分気を付けて登山を楽しみましょう!!

 

以上、サクでした!!

月別アーカイブ