1. トップページ
  2. 日高耶馬渓エリア

日高耶馬渓エリア

プレートの衝突現場といにしえの道 日高耶馬渓エリア

D1 D2 D3 D4 D5 D6

▲※ジオサイト名をクリックすると詳細画面が表示されます。

AreaD
日高耶馬渓エリア
D1 冬島の穴岩
D2 東冬島トンネルの断層
D3 琴似覆道の変はんれい岩
D4 大正トンネルの花こう岩類
D5 ルランベツ覆道の褶曲
D6 様似山道と和助地蔵

アポイ岳の山裾が太平洋に落ち込み、約7kmの断崖絶壁をつくっているのが、日高耶馬渓と呼ばれる海食崖です。この場所は、かつてのユーラシアプレートと北米プレートがぶつかった場所といわれており、エリア内には一部ながらその境界部(日高主衝上断層)も残されています。

えりも町の黄金道路と同様に日高山脈の南端にあたり、古くは交通の難所でもありました。断崖上には、約200年前に開削された「様似(シャマニ)山道」があり、現在はフットパスコースとして親しまれています。また、断崖下はかんらん岩の恵みを受けた良質の日高昆布(ミツイシコンブ)が生育しており、磯船での昆布採りや昆布の天日干し作業は、この辺りの夏の風物詩です。