1. トップページ
  2. 新富エリア

新富エリア

はるか南の海からやってきた岩石 新富エリア

E1 E2 E4 E3

▲※ジオサイト名をクリックすると詳細画面が表示されます。

AreaE
新富エリア
E1 小野工業の旧鉱山
E2 様似ダムのレンズ状砂岩
E3 新富のチャート
E4 松岡沢の石灰岩ブロック

日本列島の土台は、「付加体」でできています。付加体とは、海洋プレートが大陸プレートと衝突し、海底の深い谷(海溝)をつくって大陸プレートの下にもぐり込むとき、その表面が大陸プレート側に付け加わったもので、陸から流れ落ちてきた砂岩や泥岩と、何千kmもはるか南方の海からやって来た石灰岩・チャート・玄武岩が混じり合い強く変形を受けて、「メランジュ」と呼ばれる異なる岩石の乱雑な集合体をつくっているのです。

新富エリア周辺には、石灰岩がたくさん分布しており、古くから採掘されてきました。これらも付加体に由来するもので、その証拠にここの露頭で見られる産状は、地層として連続しない典型的なメランジュ構造となっています。