• HOME
  • 様似町の概要

様似町の概要

様似町

 背面にアポイ岳と日高山脈、前面に紺碧に輝く太平洋をたたえる様似町。
 穏やかな海洋性の気候と豊かな大地の広がりのなかで、水産業・農畜産業が主産業。
 雄大な山容、奇岩・断崖の続く海岸線が四季折々に美しい表情をみせ、歴史と伝統が息づく町です。
 様似という地名は、アイヌ語を語源としていますが、その由来は諸説あり定かではありません。様似町史では、「サンマウニ(寄木の多い所)」、または、「エサマンベツ(カワウソのいる川)」との記述があります。

海の幸

サケ

 様似の主産業である漁業の歴史は古く、江戸時代から様似の昆布やサケは重要な産物となっていました。
 様似沖は黒潮と親潮がぶつかりあう好漁場であり、サケやスケトウダラ、イカなど多くの魚がとれます。地元漁師による伝統的な保存方法で加工されたサケの「山漬け」は、近年人気が高まっています。また、様似の特産品の一つ「真ツブ」の刺身は、アワビに勝るとも劣らない逸品です。
 様似の沿岸は良質のミツイシコンブの産地であり、夏の晴れた日に町中で見られる昆布干しの作業風景は、この季節の風物詩となっています。製品は「日高昆布」として全国に出荷されています。

真ツブ

昆布漁の様子

昆布干し作業風景

出荷される日高昆布

アポイの火まつり

 アポイ岳の名は、山頂の祭壇で天を焦がさんばかりに火を焚き、鹿の豊猟をカムイに祈ったというアイヌの伝承に由来します。この言い伝えを再現するため、例年8月第1土・日曜日に開催されるのが様似最大のイベント「アポイの火まつり」。アポイ山麓での厳粛な採火式に始まり、エンルム岬に浮き上がる火文字、アポイ太鼓やねぶたパレードなど、多彩なイベントがまつりを盛り上げます。

終着駅

 苫小牧を起点に太平洋沿岸に沿って南東へ伸びる全長146.5kmのJR日高本線。ここでしか乗れない白地にブルーの専用カラーのキハ40は鉄道ファンのあこがれ。太平洋の大海原やのんびりと草を食むサラブレット、そして日高山脈の山並みを眺めながらの旅が楽しめる路線としても人気です。その日高本線の終着駅が、ここ様似駅。終着駅であることを示すホームの先の車止めが、旅情をかきたてます。そして、様似駅は襟裳岬へ向かうバスの発着点。終着駅は、新たな旅の出発点でもあるのです。

夕日

 太平洋に浮かぶ様似のシンボル「親子岩」。多くの海水浴客で賑わう夏とは別の顔も持っています。それは、夕日の絶景ポイントであること。冬の時期だけ、3つの岩の間にちょうど夕日が沈むのです。空が深紅に染まり、岩の間から一条の光が海面を照らし出す光景は荘厳そのもの。この親子岩には、親子の強いきずなにまつわるアイヌの伝説が残されています。そのため、ここで夕日を眺めながら祈ると家族に幸福をもたらすと言われています。