アポイツメクサ
アポイツメクサ
あぽい爪草 ナデシコ科
Arenaria katoana var. lanceolata(アレナリア カトーアナ ランケオラタ)
形 態
高さ10cm内外の多年草。葉は対生し線状披針形で、花は茎から枝分かれした先に1~3個つく。
花 期
7月中旬~8月上旬
生育地
8合目から上部岩礫地
その他
カトウハコベの変種で数は少ない。固有変種。
名前の由来
ツメクサのツメは、「爪」で、細い葉を、猛禽類の鋭い爪に見たて、付けられたといわれる。