アポイハハコ
アポイハハコ
あぽい母子 キク科
Anaphalis alpicola f. robusta(アナファリス アルピコラ ロブスタ)
形 態
高さ30cm内外の多年草。雌雄異株。全体に白色の綿毛が生える。根際の葉は厚く広披針形で葉先は丸い。花弁に見える総苞片の中心に筒状花がある。
花 期
7月~8月
生育地
6合目~上部岩礫地
その他
固有品種、別名:タカネヤハズハハコ
名前の由来
「ハハコ」は、綿毛のある葉の柔らかいやさしい感じを母親にたとえたとか、「這う児」を転化したとう説があるが、他説もあるようだ。