アポイマンテマ
アポイマンテマ
あぽいまんてま ナデシコ科
Silene repens var. apoiensis(シレネ レペンス アポイエンシス)
形 態
高さ15cm内外の多年草。茎や葉裏は紫色で葉は線状披針形。花は茎の先に横向きにつき、萼は筒状で、濃い筋がある。花弁は白色~淡紅色がある。
花 期
7月中旬~9月
生育地
6合目から上部岩礫地
その他
カラフトマンテマの変種。固有変種。
名前の由来
「マンテマ」は、江戸時代に渡来した植物「マンテマン」が略されて使われているようだが、語源は不明である。