イブキジャコウソウ
イブキジャコウソウ
伊吹麝香草 シソ科
Thymus serpyllum subsp. quinquecostatus(ティムス セルピルム クインクエコスタータス)
形 態
高さ10cm内外の少低木。地面を這ってのびる。葉は厚く光沢がある。花は枝先に輪生する。
花 期
7月~8月
生育地
5合目~上部
その他
香辛料のタイムの仲間で、良い香りがする。
名前の由来
本州の伊吹山で発見され、全体に芳香があり、芳香といえば「麝香」が代表的なので付けられた。