オヤマソバ
オヤマソバ
御山蕎麦 タデ科
Pleuropteropyrum nakaii(プェウロプテロピルム ナカイイ)
形 態
高さ30cm内外の多年草。茎は赤みをおびよく枝分かれし、葉をつける所で交互に折れ曲がる。葉は卵形で柄があり、やや厚く先がとがる。花弁のように見える萼は深く5つに裂ける。
花 期
7月下旬~9月上旬
生育地
5合目から上部
その他
海岸斜面、草原や岸壁などにもある
名前の由来
花がソバに似ることと、「オヤマ」は、白山の別名とか、高山のことなどの説がある。