エゾタカネニガナ
エゾタカネニガナ
蝦夷高嶺苦菜 キク科
Crepis gymnopus(クレピス ギムノブス)
形 態
高さ40cm内外の多年草。葉は突起状の鋸歯があり、根元につく。頭花は上向きに咲き、全て舌状花。総苞は筒状。
花 期
6月~7月初旬
生育地
中腹の登山道沿いから上部の岩礫地
その他
準固有種
名前の由来
名前のとおり、北海道の高山に咲く花の意。この花の仲間は、茎を噛むと苦味があるので、苦菜と付けられた。