キタヨツバシオガマ
キタヨツバシオガマ
北四葉塩釜 ゴマノハグサ科
Pediculais chamissonis var. hokkaidoensis(ペディクラリス カミッソニス ホッカイドエンシス)
形 態
高さ30cm内外の多年草。葉はふつう4枚輪生し、羽状に裂ける。花は上部に数段つき、花冠が大きく曲がる。
花 期
5月下旬~6月
生育地
馬の背から上部
名前の由来
浜で海水を釜で煮て塩を作っている光景が、美しいと言われていたとか?「葉まで美しい」が「浜で美しい」になり、美しいのが「塩釜」になったという。