お知らせ

2022.09.04 様似町に関して最近報道されたもの2

9月2日 HTB北海道ニュース

去年は赤潮...北海道・様似町で秋サケ漁 始まる「うれしいです 期待するしかない」初日は順調

 日高の様似町で「秋サケ漁」が始まりした。去年は赤潮により深刻な不漁が続きましたが、順調な初水揚げとなりました。様似漁港では初日としては例年並みのおよそ2トンの秋サケが水揚げされました。

※続きは次のサイトでお読みください。(お早めにご覧ください)

https://news.yahoo.co.jp/articles/5e82b1560b8e823a86ae123a05c5b38c0eb96224

8月31日 北海道新聞

東大生と交流、進路考える契機に 浦河高生ら参加しイベント 様似の協力隊員企画

 【様似】町地域おこし協力隊員で東大大学院生の徳重誠さんは、現役東大生を招き地元高校生らと交流するイベントを企画し、8月上旬に6日間にわたる初の「学習交流会・観光ワークショップ」を行った。進学について考える機会を作り、地域活性化の方策を探るもの。徳重さんは「一番の目的だった高校生との交流はうまくいった」とし、今後、継続的な取り組みにできるか検討する。

 日高東部地域には学習塾などが少なく、都市部に比べ高校卒業後の進学について考える機会も少ないのが現状。今回は、子供や保護者に日常の学習や進路に目を向けてもらおうと企画、都会の若者の視点で様似の魅力を探る狙いもあり、町観光協会が協力した。

※続きは次のサイトでお読みください。(お早めにご覧ください)

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/723850/

8月31日 「逃げる」を身近に!様似小学校防災教室

福田裕大アナウンサー 8月24日、様似町立様似小学校で5.6年生の生徒にむけた防災教室を行いました。今回の教室では、アナウンサーによる「呼びかけ講習」を一人で行いました。大先輩である大河内アナウンサーの横で勉強させていただいた前回。それを思い出すだけで、一人で分かりやすい講習が行えるのか不安になりましたが、、、

児童たちは真っすぐな目で真剣に私の話に耳を傾けてくれました。素直で賢く、吸収も早い児童たち。講習を行うはずの私が逆にたくさんのことを学ばせていただきました!

※続きは次のサイトでお読みください。(お早めにご覧ください)

https://www.nhk.or.jp/hokkaido/caster/fukuda_yasuhiro/slug-nd0b50e976aa5

様似町の小学校で防災教室 アプリで津波による浸水を疑似体験

日高の様似町の小学校で、津波による浸水を疑似体験できるアプリを使って防災教室が行われました。様似町では、道が公表した巨大地震と津波が発生した場合の被害想定で最大で1300人の死者が出ると推計されています。

様似町の様似小学校で24日、町とNHKが共同で行った防災教室には小学5年生と6年生の児童、あわせておよそ40人が参加しました。

防災教室に参加した小学5年生の男子児童は「津波がどれくらいの速さでくるかなどを教えてもらえたので、いい体験になりました」と話していました。

※続きは次のサイトでお読みください。(お早めにご覧ください)

https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20220824/7000049946.html

月別アーカイブ