1. トップページ
  2. 第3回さまに写真コンテスト「幌満峡」 結果発表

第3回 さまに写真コンテスト「幌満峡」結果発表

第3回さまに写真コンテスト「幌満峡」 結果発表

 悠久の時を重ねる様似の自然、その一瞬の輝きをとらえた「第3回さまに写真コンテスト」には、町内外から26名・49作品の応募がありました。
 今回のテーマは日高山脈を源とする幌満川の流れが長い年月をかけてつくった渓谷『幌満峡』。去る10月1日(水)に行われた審査会では、faura編集長で写真家の大橋弘一氏、地元出身の画家・久野志乃氏、様似町長、様似町観光協会長、様似町議会議長による厳正な審査の結果、グランプリ以下4賞11作品が選ばれました。
 なお、これら入選作品は、12月15日発売予定のfaura2014年冬号に掲載されます。

▼ 作品をクリックすると拡大画像が表示されます。 ▼

グランプリ

作品タイトル名

レルゾライトの渓谷

氏名(敬称略)

南  健雄

作品コメント

レルゾライトの滝の上から撮影した、幌満川です。

準グランプリ

作品タイトル名

色づく幌満ダム

氏名(敬称略)

新保 吉数

作品コメント

水を蓄えている幌満ダムの水の青さと色づく三角形の山が印象的でした。

入選

作品タイトル名

月下の紅

氏名(敬称略)

濱島 孝徳

作品コメント

月明かりで紅葉を撮ってみました。

作品タイトル名

渓谷に咲く

氏名(敬称略)

佐藤 有芳

作品コメント

林道脇から深い渓谷に張り出して咲く桜を、渓谷の深さが表現できるように被写界深度を考慮して撮影しました。

作品タイトル名

幌満最高の日

氏名(敬称略)

オーヴィック タッド

作品コメント

雲の運きや大きさが完璧でおもしろい写真がとれました。

作品タイトル名

秘められた懐に

氏名(敬称略)

鈴木 哲実

作品コメント

幌満川支流の不動沢。林道からは隠れた場所にひっそりと流れ落ちる不動の滝です。山懐に囲まれた、神々の庭です。

作品タイトル名

遺跡

氏名(敬称略)

藤原  渡

作品コメント

今は使用されていないであろう何かの支柱。まるで遺跡のようであり、面白かったので日の出前の時間帯に撮影した。

作品タイトル名

水面にゆれる秋

氏名(敬称略)

成田 康尋

作品コメント

前日まで降り続いた雨の為、広くなった川面に偶然出会った風景。

作品タイトル名

麵包超人岩

氏名(敬称略)

河原  豊

作品コメント

激流に立ち向い激しい水流とそれと共に岩がぶつかり合い奇岩に変ったのだろう、その形がまるで人を助けるために自分の顔をちぎって食べさせてあげるアンパンマン。激流の下にはその恵を受ける誰かがいる、その思いが重なりました。

作品タイトル名

幌満川の小さな生き物

氏名(敬称略)

齊藤 修成

作品コメント

幌満川のかんらん岩に目を凝らしていると太陽の光に照らされて、ミズスマシが泳いでいました。取り合わせが面白く、シャッターを切りました。

特別賞

作品タイトル名

新緑の幌満川

氏名(敬称略)

新保 吉数

作品コメント

新緑の頃に幌満川に降りれる道を見つけて始めて降りました。
岩と川の流れと新緑が印象的でした。