1. トップページ
  2. 様似郷土館

様似郷土館

1966(昭和41)年に、日高管内最初の郷土館として開館した小さな歴史資料館です。館内には、縄文式土器などの出土品やアイヌ民族の儀式道具、開拓時代の生活用品などが展示されており、なかでも蝦夷三官寺・等澍院古文書や矢本家文書は、江戸後期から明治にかけての北海道の開拓の歴史を垣間見ることのできる貴重な資料です。

  • 開館時間 10:00~16:30
  • 休 館 日 月曜日・年末年始
  • 入 館 料 無料
  • 所 在 地 北海道様似郡様似町会所町1番地
  • 問合せ先 0146-36-3335  E-mail samanikyoudokan@future.ocn.ne.jp

等澍院古文書

等澍院古文書は、開山住職秀暁の選任から11世住職徳弁に至るまで、主に幕府や他の寺とのやりとりについて書かれた文書類です。

住職記13冊と什物帳1冊、過去帳(霊簿)1冊が国の重要文化財、書付(寺禄逓減法通知書)1通が町の文化財に指定されています。

郷土館パンフPDF